入局研修案内

腎臓病センターでの後期臨床研修の特長

八王子医療センター腎臓病センターは従来の腎臓内科と移植外科(腎移植グループ)が合流する形で2017年4月に発足した新しい治療部門です。腎臓内科、腎臓外科それぞれのプログラムに則って研修していただくのが基本ですが、両科の垣根なく広い視野をもって腎臓病の診断、治療に携わる研修が可能です。
とくに腎代替療法である血液透析、腹膜透析、腎移植を横断的に学ぶことが可能です。

研修の様子

内科と外科の横断的研修とは

  • 内科を主体に内シャントの作成の技術を身につけたい
  • 腎臓内科医でも腹膜透析カテーテル挿入技術を習得したい
  • 移植手術は自信がないが、腎移植前後では患者さんに関わりたい
  • 腹部一般外科のスキルを基礎に移植医療に関わりたい
  • 膵移植にも興味がある

当センターの研修は腎臓病治療に熱意のある方に柔軟に対応できるプログラムになっています。
皆さんの参加をお待ちしております。

お問い合わせ

腎臓内科:冨安 朋宏(とみやす)
腎臓外科:今野 理(こんの)

腎臓内科 後期研修プログラム

腎臓内科の特色

腎臓内科では腎炎、ネフローゼ症候群、全身性血管炎、膠原病、糖尿病や高血圧症などを伴う二次性腎疾患、慢性腎臓病(CKD)、急性腎障害(AKI)などの腎疾患全般の総合的診断、治療を行っている。特に腎疾患の免疫抑制療法、ANCA関連血管炎、感染関連腎炎の診断・治療に力を入れている。腎生検症例は年間約80例あり、病理診断をもとに治療戦略の立て方を学ぶことができる。年間の透析導入は腹膜透析導入10例を含めて約100例あり、合併症を含む透析管理についても十分に学ぶことができる。さらには特定集中治療部、救命救急センター、循環器科などの他科からのコンサルテーションも多く、さまざまな血液浄化法の基礎や体液管理を体得することも可能である。

また、腎臓病センター内の腎臓外科とのシームレスな連携により血液透析のバスキュラーアクセスやアクセストラブルに対する経皮的血管形成術(PTA)、腹膜透析のペリトニアルアクセス、さらには腎移植について関わることも可能であり、腎臓病学を多くの視点から系統的に習得することができる。

【取得可能資格】
日本内科学会認定内科医/総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医

1年次 研修指導医とチームを組み、主に入院患者の診療に当たる。
腎疾患患者全般の検査、診断、治療の流れをチーム医療の中で総合的に修得する。
基本手技としては腎生検術や透析カテーテル挿入術等を病棟で研修する。
2年次 上記に加えて、透析患者の回診を行う。
腎臓学会、透析医学会、内科学会で演題を発表する。
3年次 腎臓内科外来を指導医の監督のもと担当する。
学会・研究会での口頭発表および論文作成を行う。
4年次 腎臓外来(初診および再診)を担当する。
国際学会での発表参加、英文論文投稿を目指す。

腎臓外科 後期研修プログラム

1. 目標

2. プログラム(一例)

主な研修場所
1年次 外科総論、外科基本手技 腎臓外科、消化器外科・移植外科
2年次 外科専門医修練カリキュラム 小児外科(成育医療センター)
腎臓外科、消化器外科・移植外科
選択:心臓血管外科、胸部外科、乳腺外科(各1~3ヶ月)
3年次 外科専門医修練カリキュラム
外科専門医予備試験(筆記)
関連施設もしくは腎臓外科、消化器外科・移植外科
選択:麻酔科、救命救急センター、特定集中治療部(1~2ヶ月)
4年次 外科専門医認定試験(面接) 関連施設もしくは腎臓外科、消化器外科・移植外科
5年次 臨床および研究に従事
移植認定医/腎移植認定医取得
腎臓外科、消化器外科・移植外科
6年次~ 学位取得、国内外留学
日本腎臓学会専門医
腎臓外科、関連施設

※消化器外科・移植外科は通算24ヶ月以上
※腎臓外科は通算12ヶ月以上
※関連施設での研修は1年程度

3. 主な取得可能資格

日本外科学会外科専門医
日本移植学会移植認定医
日本臨床腎移植学会腎移植認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本透析医学会透析専門医
日本腎臓学会専門医(外科)